スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京家族旅行14 ブラームスの小径

娘たちのお目当ては 原宿 竹下通り

懐かしいなぁ 果たして何年ぶりだろう

ここに来ると 必ず立ち寄る場所がある

JR原宿の竹下口より 竹下通りに入って
50メートル程いくと 右手に小路がある

ブラームスの小径1(幅:240px)


小路を入ると 左に喫茶店が 見えてくる
TEA & CAKE CHRISTIE という看板があった

ブラームスの小径2(幅:240px)

途中で寄ってみたが なかなかよいお店だ
このお店については あとでお話ししたい


その店の奥から左に 路地を入ってみると
いきなりそこから 別世界が広がってきた

竹下通りの あのにぎやかな雰囲気からは
とても想像がつかない 静寂が襲ってくる


ここが ブラームスの小径(こみち)だ!


大学生の頃 この路地裏を偶然 見つけた
自分にとって お気に入りの場所であった

若い頃は 東京に来ることがあった時には
わざわざ山手線に乗って よく来たものだ


入り口にある看板には こう書いてあった
「食と音楽と芸術の館 ルセーヌ館へ」

小径を入ると すぐにジュエリー店がある

ブラームスの小径3(幅:240px)


その奥は 確か昔 喫茶店だったと思うが
今は 結婚式のイベント会場になっていた
これが恐らく「ルセーヌ館」なのであろう

ブラームスの小径4(幅:240px)


私が建物の前を 通りかかってみると
正装をした男女たちが 楽しそうな表情で
ワイワイと騒いでいる雰囲気が
ガラス越しに 伝わってきた


なぜか ちょっと 寂しいような気がした


その建物の前には ブラームスの銅像が
堂々と 立っていた

ブラームスの小径5(幅:240px)


通りには 暖かい 日の光が差し込み
人影を見ることは ほとんどなかった


とても 穏やかである


ブラームス交響曲 第三番 第三楽章
チェロが奏でる あの美しい旋律が

私のこころのなかに
静かに 流れてきた









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブラームスの名曲ですよね!

どんぐび先生
やっぱりシンフォニー3番3楽章♪!
クララもだ~いすきです。
CDはクレンペラーのフィルハーモニア管弦楽団 1957年がお気に入り。でもこれを評論家が取り上げてるのを読んだことありません。
あ~、クララが評論家になれば名盤になりますね!… ?
(勿論、私のフルネームはクララ・シューマンですよ。どこかにブラームスはいないかしら…?)
あら?どんぐび先生、今回長くてすみません。お許しを!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

どんぐびパパ

Author:どんぐびパパ
.
○o。○o。○o。○o。○o。

みなさん、こんにちは~♪
本業の心療内科と趣味である音楽について、楽しい話題や役立つ情報を、このブログを通してみなさんに提供したいと思っています。
みなさん、応援してくださいね~ (^^)/

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。